2019年7月20日
  • Just another WordPress site

E3 2019を前後して16コア/32スレッドのRyzen3950X発表

6月11日から13日にかけて開かれた2019 Electronic Entertainment Expo(E3)を前後して、16Core/32ThreadのRyzen3950Xが発表された。今年9月中に発売開始になる。

専用のマザーボードを必要とするThreadRipper型のCPUで16コア/32スレッドのものが登場するかと思っていたが、X570(そして恐らくB550)チップセットを搭載した汎用のマザーボードに搭載可能なRyzen3950Xが16コア/32スレッドになる。

一世代前のX470チップセットを搭載したマザーボードでも動作するかは不明だが、BIOSのアップデートによってそれなりに動作する可能性は高いと思う。初代Zenベースの「Ryzen Threadripper 1950X」や,第2世代ZEN+ベースの「Ryzen Threadripper 2950X」に匹敵するCPUになるが、値段は749ドルとこのクラスのCPUとしては格安らしい。

Ryzen3000シリーズの特長をまとめると

Ryzen 3000 series CPU(7nm / Matisse / SocketAM4)
MN コア数
スレッド数
定格周波数
Boost時周波数
キャッシュ TDP 対応メモリ  
Ryzen 9
3950X
16-core
32-thread
3.50GHz
Boost 4.70GHz
L2=512kB x16
L3=64MB
105W 2ch DDR4
-3200?
’19/9
$749
Ryzen 9
3900X
12-core
24-thread
3.80GHz
Boost 4.60GHz
L2=512kB x12
L3=64MB
105W 2ch DDR4
-3200?
’19/7/7
$499
Ryzen 7
3800X
8-core
16-thread
3.90GHz
Boost 4.50GHz
L2=512kB x8
L3=32MB
105W 2ch DDR4
-3200?
’19/7/7
$399
Ryzen 7
3700X
8-core
16-thread
3.60GHz
Boost 4.40GHz
L2=512kB x8
L3=32MB
65W 2ch DDR4
-3200?
’19/7/7
$329
Ryzen 5
3600X
6-core
12-thread
3.80GHz
Boost 4.40GHz
L2=512kB x6
L3=32MB
95W 2ch DDR4
-3200?
’19Q3
$249
Ryzen 5
3600
6-core
12-thread
3.60GHz
Boost 4.20GHz
L2=512kB x6
L3=32MB
65W 2ch DDR4
-3200?
’19Q3
$199


なお、Ryzen3600/3600xはIntelのCore i5-9600を意識したものだが、後者は6コア/6スレッドでしかなく、価格的にも優位にあるようだ。

しかも,旧型のRyzen Threadripperに対してRyzen 9 3950Xは,

  • CPUアーキテクチャの世代が新しい
  • 動作クロックが高い
  • PCIe 4.0環境が利用できる
  • 価格がかなり安価

ということになる。実際の評価は製品が販売され、過酷なテストの結果待ちだが基本的にはWindows/Linux上で安定して動作するかどうかということになるだろう。なお、Zen2に次ぐZen3は既に設計・試作の繰り返しの段階に入っておりまずは、5nmベースでの製造CPUになると言う。

コメントを残す

CAPTCHA