2019年10月20日
  • Just another WordPress site

Pythonの統合開発環境Komodo Edit/IDE または Eclipse

Pythonの統合開発環境として、Komodo Edit/IDEがあります。IDEの方は有償。ということで、無償のKomodo Editを調べて見ました。かなり良くできているようです。ただし、Eclipse+Pydevも無償で当然、こちらの方が高機能でしょう。動作速度もそんなに変わりません。

Komodo Edit/IDEの公式サイトは、http://www.activestate.com/komodo-editです。IDEは体験版が提供されています。下図はKomodo Editで、お馴染みのスクリプトを動かしたところです。

komodo

Tools -> Run Commandでスクリプトを動かせますが、python or python3 %Fと入力する必要があるようです。ただし、一度入力すると、マウスからTools -> Recent Commandで呼び出すことができます。

なお、メニューの日本語化は今のところ、分かりません。
ただし、日本語は入力できます。基本的には、Edit->Preferenceで好きな日本語フォントを設定すれば良いのですが、フォント名に日本語が入っているとうまく行きません。例えば、サイト管理者が好きなVL ゴシックとか。その場合は、ホームディレクトリにある~/.komodoedit/8.0/schemes/xxx.ksfという設定ファイルの変更が必要になります。文字化けみたいな箇所がありますので、そこのところを「Gothic」とかに直します。

かなり高機能のようですが、なんとなく動作が遅く感じるのは気のせいでしょうか。

コメントを残す

CAPTCHA