• Ubuntuに関連したハード、ソフトの備忘録サイトです

Ubuntu用プリンターはブラザー製品がオススメ!!


今年の正月にキヤノンのMG-3530を購入しましたが、あるメーカーの互換インクカートリッジを使っていたせいか、印刷時に大事な透明フィルムというものがあって、そこが汚れかすみ、にじみ、ゆれが生じ、使えなくなりました。それで、こちらはキヤノンの修理センターに出して修理(2日程度で修理完了、自宅着)、欲しがっていたせがれにあげました。ということで、サイト管理者はブラザープリビオシリーズのDCP-J552Nを購入しました。これがなかなか良いです。

互換インクの製造メーカーはなかなか良心的で、空きと思って送ったカートリッジにもインクが残っているということで、インクカートリッジ4個、計6180円の返金となり、DCP-J552Nが1800円で購入出来ました。MG-3530の機能はすべて兼ね備えていますが、カラーのカートリッジが独立しているうえ、セットでMG-3530の大容量タンクよりも1000円ほど安い。それということで、ランニングコストはDCP-J552Nのほうが安くつきます。それと、カラー液晶操作パネルがついており、音も非常に静かで、驚きました。そして、何よりもLinux対応を公式に表明しています。ドライバーはrpm系とdeb系が提供されており、deb系ディストリビューションとしては、Ubuntuが代表格になっています。

brother

 

公式で純正ドライバーもソースコード付きで公開されています。
こちらのサイトhttp://support.brother.co.jp/j/s/support/index.html からマニュアルおよびぷりんたー、スキャナーのドライバーもダウンロードできます。無線LANも含めて快適に動作します。Ubuntu14.04LTSの最終ベータ版でも試しましたが、特に問題はないようです。

dcpj552n

 

仕様と性能については、こちらのページで詳細に記されています。14500円のメーカー推奨価格ですが、実売価格は8000円を切っています。ちなみに、MG-3530は7000円程度。

これまで仕事でiPhone4Sを一年間使っていましたので現在、スマートフォンに注力していますが、コンピューターサイエンスに興味のある方は、アンドロイド系のものが良いと思います。入力はiPhoneが良いと思っていましたが、文章入力の際にカーソルが自由に動かすことができないのが大きな難点。現在、NEXUS 5も使っていますが、日本語変換システムは標準のWnn for Android、Google日本語入力、ATOK for Androidを試しましたが、推測変換の良さとソフトウェアキーボードの良さで、ATOKを使っています。

あと、ノートパソコンは全く受け付けなかった家内が、どういうわけか、ファーウェイのStream Xを契約してあげたら、何とか使えるようになって、それなりに使っています。ちょっと古いんですが・・・。

product_catch_gl07s

そろそろPythonを使ったソフト開発にも取り掛かりたいと思っているこの頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA