2019年9月18日
  • Just another WordPress site

早川聖司著「改定FuelPHP入門」、FuelPHP1.73でも動作します。

Ubuntuを15.04から15.10に上げるときに何故か、うまく行かず、「CodeIgniter」のデータ復旧できなかったことと、名著「CodeIgniter入門」もさすがに古いので、とりあえず、「CodeIgniter」からFuelPHPにチェンジしました。ただし、CodeIgniterもすっごく気に入っていますが、少し上級者向けですね。さて、FuelPHPの日本語解説本としては、鈴木憲治さんの「初めてのFuelPHP」と早川聖司さんの「改定FuelPHP入門」の二冊。アマゾンでは、鈴木さんの著書が圧倒的人気を誇っていますが、早川さんの著書も力作です。

例題は、認証機能、コメント付きのかなり本格的なブログ作成と、鈴木さんと同じコンタクト(お問い合わせシステム)ですが、両者ともなかなかのものです。昨年11月に出版され、FuelPHP1.72に対応していますが、サイト管理者が試したところ、1.73でも動作しました。マイナーバージョンアップなので、大きな変更はないのでしょう。

早川さんのものは、FuelPHPがサポートしているORM(Object Relational Model)機能を本格的に使い、複数のテーブルでブログを構築していることで、特筆すべきものがあります。鈴木さんのものは、「CodeIgniter徹底入門」に掲載のアプリのうち一番簡単なコンタクト・フォームを作成しています。ただ、第一部の環境構築編は本当に初心者向けで、FuelPHPに挑戦してみようとされる方なら、ご自分で開発環境は作成できると思いますので、もっとも面白い「ECサイト」を移植してみたらどうだったでしょうか。 サイト管理者、年末・年始に挑戦してみたいと思っています。

なお、EC-CubeやDrupalがSymfony2で書き直されるなど、これまでのCMSをフレームワークで書き直す動きが広まってきているようです。

コメントを残す

CAPTCHA