2019年9月18日
  • Just another WordPress site

Ubuntu14.04LTS(その01)ーインストールとresolv.conf

4月17日にUbuntu14.04LTS版がリリースされました。日本語Remix版は4月28日です。はまったところとか、Tipsを投稿してまいります。第一回はインストールについて。


サイト管理者はこれまで、サーバー版のインストール➤デスクトップ・システムのインストール(具体的には、$ sudo apt-get install ubuntu-desktop)とやって来ました。何故なら、デスクトップ版ではネットワークの設定が手動でできない(/etc/network/interfaces)からです。

ubuntu-14.04-lts

しかし、この方法では時間がかかります。それで今回からデスクトップ版をインストールしたあと、ネットワーク・マネージャーを削除、interfaces($ sudo apt-get remove network-manager)の設定によるネットワークの設定を行いました。

ところで、サーバー版もネットワーク版もFQDNをIPアドレスに変更するnameserverの在り処を設定するresolv.confが動的にと言いますか、システムによって勝手に書き換えられます。いろいろと調べたのですが、どうも、/etc/resolvconf/resolvconf.d/baseというファイル(初期設定では空のファイル)と/etc/dhcp/dhclient.confを書き換える必要があるようです。

SOHOの内部ネットワークのDNSサーバーのIPアドレス、外部のDNSサーバーのIPアドレス(これは、ブロードバンドルーターのIPアドレス)をそれぞれ192.168.1.2と192.168.1.1とすると、baseにはこのIPアドレス二行を書けば良い。次に、dhclient.confですが、次のように変更しました。

# Configuration file for /sbin/dhclient, which is included in Debian's
#	dhcp3-client package.
#
# This is a sample configuration file for dhclient. See dhclient.conf's
#	man page for more information about the syntax of this file
#	and a more comprehensive list of the parameters understood by
#	dhclient.
#
# Normally, if the DHCP server provides reasonable information and does
#	not leave anything out (like the domain name, for example), then
#	few changes must be made to this file, if any.
#

option rfc3442-classless-static-routes code 121 = array of unsigned integer 8;

#send host-name "andare.fugue.com";
send host-name = gethostname();
#send dhcp-client-identifier 1:0:a0:24:ab:fb:9c;
#send dhcp-lease-time 3600;
supersede domain-name "it-ishin.com";
prepend domain-name-servers 192.168.1.2, 192.168.1.1;
request subnet-mask, broadcast-address, time-offset, routers,
	domain-name, domain-name-servers, domain-search, host-name,
	dhcp6.name-servers, dhcp6.domain-search,
	netbios-name-servers, netbios-scope, interface-mtu,
	rfc3442-classless-static-routes, ntp-servers,
	dhcp6.fqdn, dhcp6.sntp-servers;
#require subnet-mask, domain-name-servers;
#timeout 60;
#retry 60;
#reboot 10;
#select-timeout 5;
#initial-interval 2;
#script "/etc/dhcp3/dhclient-script";
#media "-link0 -link1 -link2", "link0 link1";
#reject 192.33.137.209;

#alias {
#  interface "eth0";
#  fixed-address 192.5.5.213;
#  option subnet-mask 255.255.255.255;
#}

#lease {
#  interface "eth0";
#  fixed-address 192.33.137.200;
#  medium "link0 link1";
#  option host-name "andare.swiftmedia.com";
#  option subnet-mask 255.255.255.0;
#  option broadcast-address 192.33.137.255;
#  option routers 192.33.137.250;
#  option domain-name-servers 127.0.0.1;
#  renew 2 2000/1/12 00:00:01;
#  rebind 2 2000/1/12 00:00:01;
#  expire 2 2000/1/12 00:00:01;
#}

コメントを取ったところが、変更箇所です。まず、起動時に/var/run/resolvconf/resolv.confがbaseとdhclient.confをもとに作成され、そのシンボリックリンクが/etc/resolv.confとなるようです。

# Dynamic resolv.conf(5) file for glibc resolver(3) generated by resolvconf(8)
#     DO NOT EDIT THIS FILE BY HAND -- YOUR CHANGES WILL BE OVERWRITTEN
nameserver 192.168.1.2
nameserver 192.168.1.1

nameserverを正しく設定しないとイントラネット、インターネットにアクセスできないので、いろいろ戸惑いました。

次から各種サーバーのインストールのTips、クライアントソフトのインストールとTipsについて記してまいります。

【追記】Ubuntu14.04LTSの変更点は、次のサイトに詳しく記述されています。
https://wiki.ubuntu.com/TrustyTahr/ReleaseNotes/Ja

コメントを残す

CAPTCHA