• Ubuntuに関連したハード、ソフトの備忘録サイトです

Windows 7 on VirtualBoxでKDK-ONESEG-MINI/U2動きます。


デスクトップパソコンで欠かせないのが「テレパソ機能」ですが、Linux対応の地デジチューナーがあまり見当たらないのが玉にキズです。そこで、取り敢えず、USB接続のWindows用チューナーを試してみました。フルセグのものは、ビデオカードにある程度の性能のあるものが必要のようで、「MonsterTV」を試してみましたが、動きませんでした。それで、ワンセグチューナーを試してみましたが、恵安の「KDK-ONESEG-MINI/U2」は動作しました。

恵安のKDK-ONESEG-MINI/U2にはアンテナ線をつける必要があります。

keian-mini

下図がその様子です。鮮明とは言えませんが、視聴にはまあ特に問題はありませんでした。

oneseg

 

設定で重要なのは、VirtualBox側で、ディスプレイの「2Dアクセラレーター機能を有効にする」にチェックを入れることです。そうしないと、音声だけ出て、画面が映りません。VirtualBox側の仮想ビデオカードが高性能化すれば、フルセグチューナーが動作すると思います。と言いますか、高性能ビデオカードをつければ、フルセグチューナーが動作するかもしれませんが、サイト管理者にはこの程度で十分です。

ただし、ワンセグチューナーは、店頭ではもうあまり販売していないようです。地デジ対応のフルセグチューナーのようでありますIOデータのテレキングはまだ販売していました。

12dh94000018ce9p

※なお、サイト管理者のUbuntuマシンは、CPUがAMD FX-8350、ビデオカードがGEForce 210とやや非力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA