2019年4月19日
  • Just another WordPress site

WordPress本体及びプラグインの更新に失敗する時の対処

WordPressのプラグイン本体の更新に失敗しました。原因は沢山あるようで焦り、困りますが、サイト管理者の自宅サーバーの場合は、/etc/resolv.conftが適切出来なったためでした。

本日、久しぶりに記事を投稿しようとして、その前にプラグインと本体をアップデートしておこうと思い、アップデートしたのですが、失敗しました。失敗の原因は種々様々ですが、Google先生に聞いたところ、/etc/resolv.confが適切でなかったためでした。

 

引っ越したためバッファローのブロードバンドルーターを変更し、ルーターのアドレスを初期設定の192.168.11.1に戻したのです(戻さざるを得なかったのです)が、これを/etc/resolv.confに反映してませんでした。

Ubuntu18.04LTSから/etc/resolv.confがシンボリックリンク・ファイルになってしまい、よく分かりませんが、実体は/var/run/resolvconf/resolv.confになったり、/var/run/resolve/stub-resolv.confになったりしています。少なくとも後者の場合は、起動時または定期的に勝手に変更されるので、systemctlコマンドなどを使って、こうした自動変更(勝手な変更)を阻止しておく必要があります。

通常は、コメントのあとは、nameserver  127.0.0.53となっていますが、サイト管理者の自宅サーバーの場合は、これを nameserver  192.168.11.1とブロードバンド・ルーターの初期設定アドレスに変更しておく必要がありました。そしたら、プラグイン、本体とも取り敢えずアップデートできました。暫く様子を見ます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA