2019年5月25日
  • Just another WordPress site

Ubuntu 18.04/19.04でのドメインコントローラー作成について

Ubuntu 18.04/19.04でのActive Directoryのためのドメインコントローラの作成について、注意すべきことがあったので記事を投稿します。

第一。Ubuntu 18.04 LTSでAD DCの作成を確認するためのおまじないコマンドの
smbclient //localhost/sysvol -UAdministrator
がうまく動作しない不具合に困っておりました。一時はネットワークカードの問題かもとか思ったりしてIntel製の高級品に取り替えたりと、自分でも見当違いだろうなと思いながらやってみたりしましたが、NT_なんとかというエラーは解消せず。

本日ネットで知らべていたら、一時期smbclientにバグが有って、おまじないの文言を入れなければならないとありましたが、かなり古い記事で今はそうしたバグも解消されているはず。そう思って、/etc/samba/smb.confを除いてみたら、このおまじない文言を書いたままでした。試しにと思って、この文言を削除してみると、問題なく動作しました。

第二。Ubuntu 19.04では何故か、samba-tool domain provisionが対話モードで動いてくれませんでした。その場合は、–realm=レルム名 –domain=ドメイン名 –adminpass=管理者のパスワード –dns-backend=[SAMBA_INTERNAL,BIND9_FLATFILE, BIND9_DLZのいずれか]などと指定して、非対話モードで/var/lib/sambaをつくってもらうことが出来ます。

いずれも、sudo systemctl start samba-ad-dcでAD DCとして動作させるためのSambaを起動させることが出来ます。systemdとsambaについて、時間を見つけて体系的に投稿するつもりでいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA