2019年5月25日
  • Just another WordPress site

Ubuntu17.10+Cinnamonでフリーズした時の対処

サイト管理者は、AsusのマザーボードPrime B350-PlusにRyzen 1700+GT-710+Sound BlasterのPCI16x1を載せて、Ubuntu17.10+Cinnamonを使っていますが、デスクトップがよくフリーズしました。こういう現象は前にもありました。その対処法です。

よくみてみたら、起動時にCinnamonを選ぶ時にソフトウェアレンダリングにチェックを入れていませんでした。ここにチェックをいれず、nVidiaのドライバを使って動かすとデスクトップがハングアップした経験が()にありました。そこで、「ソフトウェアレンダリング」にチェックを入れて、動かしています。特に、動作がもたつくというわけではありません。

ゲームをするためにハードを組み立てたわけではないので今のところ、「これでいいか」と思っています。Ryzenは定格3.0GHzですが、3.6GHzくらいにオーバークロックしています。純正クーラーがついていますが、ネジでリテンションを外す際に、マザーボード底面のプレートが外れると、クーラーをネジ止めすることができなくなり、取り付けられなくなります。

マザーボードを変えた際、そのことの意味がよくわからなかったので、痛い目に会いました。なお、Ubuntu18.04LTSのリリーススケジュールは下記のようです。

  • 30th November: Feature Definition Freeze
  • 4th January: Alpha 1 release
  • 1st February: Alpha 2 release
  • 1st March: Feature Freeze
  • 8th March: First beta release
  • 5th April: Final beta release
  • 19th April: Final Freeze
  • 26th April: Stable Ubuntu 18.04 LTS release

2月1日から試すことができるようです。規定のデスクトップはUnityからGnome3に変更されますが、どうにも操作性が悪いので、Cinnamonを使い続けることになると思います。過去にdist-upgradeは出来ましたが、それでリリース版に到達できるかは不明です。なお、4月26日(日本時間は27日)になったら、ネットワークアップグレードするほうが、一番楽です。

 

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA