2019年4月19日
  • Just another WordPress site

近くWordPressが4.x系から5.x系にアップグレード

本サイト構築に使用しているWordPressが4.x系から5.x系にアップグレードされます。目玉は、新型エディタのGutenbergみたいです。これに伴いという訳ではありませんが、本サイトも改良する予定です。

Gutenbergの特長は、https://ja.wordpress.org/plugins/gutenberg/

Gutenberg はエディターを単なる入力欄と考えるのではなく、10年ほぼ大きな変更がなかったレイアウトを見直します。これによって、今どきの編集体験を全体的にデザインし、未来への基礎を築きます。

単なる入力欄ではなく、編集画面全体を考慮している理由は以下のとおりです:

  1. ブロックは複数のインターフェイスを統一します。既存のインターフェイスの上にブロックを追加すれば複雑さを取り除くどころか、逆に増やすことになります。
  2. インターフェイスを見直し、使いやすさとシンプルさにこだわり、新旧双方のユーザーに利益をもたらすことにより、執筆、編集、公開の体験を現代的にします。
  3. 単一ブロックインターフェイスが中心になれば、開発者にはショートコードやウィジェットよりも優れた素晴らしいブロックを開発する明確なパスが提示されます。
  4. インターフェイス全体を考慮することは、次に注力する領域 (サイト全体のカスタマイズ) への確固たる基礎につながります。
  5. 全体の編集画面を考慮することは、ベースから大幅に現代化し、WordPress REST API をフル活用した、より流動的で JavaScript に富んだ未来への一歩を踏み出すことができます。

というものらしいです。取り敢えず、別のWordPressを作って、試してみます。なお、Gutenberg自体は4.9.8以降でも使えます。これとは特に関係ありませんがこのところ、WordPressの再勉強をしておりまして、その成果を本サイトに活かすつもりでいます。

 

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA